将来を考えて始めた在宅は「株式投資」


投稿者: , カテゴリー:

会社に入ってからだいぶ経っていますが、なかなか給料は上がってくれません。それなのに子供の学費や塾代、習い事、など出費は増える一方で家計は全く楽にはならないのです。また、将来に目を向けると年金の支給開始年齢もどんどん引き上げられます。そんな中で普通に貯金をして資産を増やすだけでは限界があると思いました。手元にある資産はベストな財テクをして、毎日の生活では節約が出来るところはどんどんして、家計を引き締める必要があると考えたのです。

支出を減らすために実践している事の一つとして、まず日常の支払いを一つのクレジットカードに集中させています。私自身の支払いだけでなく、家族会員になったクレジットカードでの支払いもです。そうする事でポイントが貯まりやすくなり、貯まったポイントはもちろん、日常の生活の中の買い物で使います。毎年、クレジットカードの支払いで貯まるポイントは何万円分にもなりますので、節約としてはとても大きいです。このポイントで子供へのご褒美のプレゼントなども買うようにすると子供も日々節約に協力してくれます。

節約のために自分の髪の毛は自分でカットするようにしています。バリカンを買ってきて、セルフカットの仕方をネットの動画で学びました。自分の髪を自分でカットするようになって、すでに2年ほど経ちますが、今ではまるでお店でカットしてもらったような出来栄えに仕上げる事が出来ています。たまに揃えてもらうために理髪店を半年に1度ほど行った方が継続しやすいです。

財テクとして、自分で選んだ個別銘柄の株式投資、そして投資信託の買い付けを行っています。株式投資や投資信託での財テクを始めた理由は通常の預貯金では長い目で見て、全く資産は増えないことにあります。個別銘柄としては、私が長期的に企業の成長を期待している企業の株式を買っています。具体的にはトヨタ自動車、ホンダ、三菱商事などの銘柄があります。投資信託はさわかみ投信という投資信託を定期購入しています。投信は長期運用を基本姿勢としており、私自身の投資姿勢と合致している事からこちらに運用をする事を決めました。株式投資はもう20年以上続けています。

過去にあったリーマンショックの際、かなりの株式を買い込み、またその株式はそのまま長期保有しました。その時仕込んだ株式は今では2倍から3倍になっており、含み益だけで見ると400万円ほどの利益になっています。全体的な投資の結果としては、今では投資元本に対して2倍くらいの利益を上げています。

投資節約3.jpg

財テクをしていく中で困った事がありました。基本的に投資先は長期的に投資を出来る先を選びます。その観点で一度JALの株式に投資をしたことがあります。その当時、JALは経営不振に陥っていました。私は仕事で出張のたびに以前からJALを使っており、そんな経験から経営不振に陥ったJALを長期的に応援したいと思ったのです。そんな思いから私はかなり落ち込んだJALの株式を購入しました。当時のJALの株式は下落する一方で、そんな中で買いに出る人はあまりいません。ですから、私は購入価額としてはとても安い金額でJALの株式を購入する事が出来たのです。

一方で、JALが経営不振から立ち直り、株価も上昇に転じて大きな含み益を私にもたらしてくれる事を密かに狙っていました。けれどもそんな投資をしてから2週間も経たないうちにJALは100%減資をする事を決定したのです。100%減資ですので、私が二週間前に投資したお金は全て無くなってしまい、これには本当に困りました。けれどもその後JALは経営を持ち直したので、私のJALに経営を再建してほしいと言う願いは達成出来ましたが(笑)